第一印象がとても大切

新たな仕事に就くとき、ずっと勤めていた会社に新人のスタッフが入社してきたときなど、人間関係を新たに構築していかなくてはいけません。仕事は毎日で、一日の大半を占めています。そうなってくると、人間関係がぎくしゃくした中で過ごすよりも、より良い関係を築いていた方が仕事が楽しいものになります。人間関係を良くするコツは、いくつかあるようです。しかしながら、人の印象というのは第一印象で大半が決められてしまうという事実もあります。そうなってくると、いくら本当は人当たりが良くて楽しい人・親切な人であっても、第一印象が悪いとなかなかうまくいかないこともあります。やはり、第一印象・ファーストコンタクトの際にどれだけ相手に好印象を与えることができるかということが、とても大切なことになってきます。第一印象を悪くしてしまうのは、やはり無表情だったり笑顔のない表情だと思います。初めての挨拶を交わす際には、できるだけ笑顔で接することが大切だと言えます。笑顔で挨拶をしてくれる人に対して悪い印象を抱く人はあまりいないものです。第一印象がいいなと思ってもらえたら、あとは普段の付き合いの中で自然と良い関係が築いていけるかもしれません。人間ですから、第一印象が良くとも相性の問題もあります。大人ですから妥協も必要になってきますが、ぎくしゃくしない程度には付き合いをしていけると思います。人との相性というものは、本当に不思議なものだと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です